S&P500等にレバレッジをかけて投資する記録です。種銭作りに副業も。

太陽光発電実績 2021年4月

ブログ

記事の背景

私は戸建て住宅に住んでおり、太陽光発電を設置しています。

住宅ローンの支払いは35年である一方、太陽光発電を住宅ローンで設置した場合、太陽光発電自体の投資回収は10年ほどです。

 

そのため、キャッシュフローとして、キャッシュアウトが35年で均一、キャッシュインが10年で均一と考えると、最初の10年間はキャッシュフローが黒字となり、資産形成に有利なものとなります。

キャッシュフローが黒字ということは手元に現金が残ることになり、それを投資に回せば、35年間の家計改善につながります。

 

太陽光発電の私の設置例

私の家の太陽光発電は以下のように、単純計算で毎月6000円のキャッシュインとなる想定です。税金やランニングコストは未考慮です。

  • 太陽光発電は6.9kW
  • 太陽光発電の導入費用は202万円、35年間の総支払額は242万円(毎月5,761円支出)
  • 想定売電収入(キャッシュイン)は毎月12,000円ほど(FIT買取単価21円/kWh。自家消費20%想定。)
  • キャッシュフローは単純計算で6,000円ほどの黒字。
  • その他、ランニングコストとして15年?に1回パワコンの取替に20万円ほど費用発生。
  • 確定申告時の税金で2万円/年ほど負担があるか?(雑損失の計上次第ですが)
  • 未確定リスクとして太陽光発電の取替時の工事費用。

 

仮に太陽光発電設置によるキャッシュフロー黒字部分を投資に回すと以下のようなシミュレーションとなります。

元本が120万円に対して、155万円ほどに成長するイメージでしょうか。

2021年4月の太陽光発電実績

太陽光発電による家庭の電気料金などは以下の通りでした。

kWh 単価 平均kWh
発電料 19,415 925 21.0 30.8
消費料 13,240 576 23.0 19.2
売電料 15,464 736 21.0 24.5
買電料 7,410 387 19.1 12.9
自家消費(電力単価) 5,830 188 31.0 6.3

月を通してよく晴れ、実績は想定発電量の108%。

日中の電気料金が高い時間帯は太陽光発電で消費をまかない(自家消費)、電気の購入は単価の安い夜間がメイン。

キャッシュインは15,500円に対して、キャッシュアウトの住宅ローン負担は5,761円。

その他電気料金支払い料は7,410円+基本料金等。

 

家の仕様

私の家の仕様は以下の通りです。

  • ZEH住宅 C値0.6。
  • オール電化住宅。
  • 木造2階建て、43坪。
  • エアコン2台と床暖房、食洗機、ドラム式洗濯機を利用。
  • 窓は樹脂サッシのAPW330。